フォトフェイシャルとは

お肌のしみ、くすみ、そばかす、にきび痕などを改善するのに効果的な美容施術が、フォトフェイシャルというものです。最近注目度が増しており、多くの人がフォトフェイシャルを利用しています。医療用のIPLという特殊な波長の光を、フォトフェイシャルでは使用するといいます。光治療の一種ですが、出力の高い光を使うため、フォトフェイシャルならではの高い美肌効果が得られます。肌トラブルの要因となる毛細血管やメラニンに肌にこの光をあてることで熱を集中させ衝撃を与えるといいます。肌トラブルのある場所だけに影響があるため、お肌を傷つけることはありません。フォトフェイシャルのメリットは、肌への負荷があまりないことです。フォトフェイシャルの効果は、肌トラブルの改善だけではありません。フォトフェイシャルで活性化できるのは、繊維芽細胞という肌のハリや潤いを保つコラーゲンをつくるものの働きです。結果お肌のコラーゲンが増えてターンオーバーが促進され、肌の内側から新しい肌がつくられて美肌効果が促進されます。優しい光を使用しているので肌への負担があまりなく、副作用の不安もあまりないこともレーザー治療とは違うメリットです。フォトフェイシャルの施術時間は20分程度と短く、短時間ですぐに効果が実感できます。

フォトフェイシャルの注意点

柔らかい光が特徴のhフォトフェイシャルは、美肌効果が肌に負荷をかけずに感じられるものだといいます。フォトフェイシャルの効果に副作用が全くないかといえば、ないとは言いきれません。どの程度施術者の技量があるかどうかがフォトフェイシャルの効果を決定するといっても過言ではありません。照射する光の出力が高すぎたり弱すぎたりすることで、肌がやけどになってしまったりします。反対にまったく効果を得られないという場合もあるようです。フォトフェイシャルのトラブルを避けるには、肌の状態に合う光の照射の仕方や出力の調整ができる人に施術をしてもらう必要があります。フォトフェイシャルをどこの医療機関でしてもらうかをよく検討しましょう。本来は医師しかしてはいけないフォトフェイシャルの機器の操作を、看護婦任せにしているようなところは要注意です。おすすめなのは、きちんと施術前にカウンセリングを行い、納得のいく説明をしてくれるクリニックに決めることです。施術後のケアや、施術回数、施術費用について丁寧に説明してくれるところを選びたいものです。妊娠中の人や、濃い日焼けをしている人には、フォトフェイシャルはおすすめできません。アトピーなどの皮膚トラブルがある人も効果以上にトラブルが多いことがあり、フォトフェイシャルは避けた方がいいと言われています。

フォトフェイシャルの利点

いろいろとフォトフェイシャルの効果はあるといいます。しみやそばかすの解消だけでなく、肌のたるみや小じわ、毛穴の開きなど、様々な肌トラブルの改善に効果が期待できます。広い光の波長があることにより可能なのが、同時にシミに反応する波長も、赤みに反応する波長もあてることです。しみやそばかすのメラニンにダメージを与えるレーザー施術と異なります。肌の深層にある細胞に影響し、肌が本来持っている再生力をアップするのに効果があるのが、フォトフェイシャルです。そのため、肌が内側からどんどんきれいになり、色々な肌トラブルを解消していきます。かさぶたができたり、炎症が起きたりというレーザーでの施術であるような危険もそれほどないといいます。痛みもほとんどありませんし、施術後に患部にガーゼを貼って消毒するといった処置も不要です。効果的に美容施術を受けたいという人にぴったりの方法といえるフォトフェイシャルの長所は、なんといっても顔全体への施術が一度にできることです。施術にかかる時間が短いだけでなく、フォトフェイシャルは施術後すぐにメイクや洗顔ができるという特徴もあります。施術が短い時間で受けられて、次の用事に終わったらすぐにメイクを済ませて行くことも不可能ではありません。フォトフェイシャルは効果が高いだけでなく、気軽に施術が受けられるという利点もあるといえます。